最新のレーシック手術で老眼矯正

老眼なんてまだ随分と先のことだと思っていました。

多くの場合は40代に入ると自覚はなくても、老眼の進行は始まっているのだそうです。

私の場合は40代中頃から老眼の症状が少し出てきましたが、今では小さな文字は見えないし、暗いところだと雑誌も読みにくい状態です。もともと、近視もひどくて、眼鏡なしでは、生活できないくらいで、数年前からは、遠近両用のメガネにお世話になっています。

遠近両用のコンタクトレンズも出てきているのですが、まだ2Weekタイプが主流で値段も倍位するのだそうです。見や安さもあまりハッキリとは見えないよと言われて諦めました。

長年メガネをするのを当たり前の生活をしてきましたが、やはりメガネのない生活に憧れます。目の疲れからくる頭痛や肩こりが軽減されるでしょうし、裸眼でものがはっきり見えるようになりたいです。

周りでもレーシックする人が随分と増えてきたのですが、既に老眼が始まっている私には手遅れなのかと諦めていました。

しかし、技術の進歩は凄いですね!
老眼でも近視治療のレーシック手術が受けられるようになって、遠近両方の視力回復が可能になっているのだそうです。

まだ、新しい技術で常に進化しているようですが、既に多く方がレーシック手術で近視を治療し、同時に老眼も回復させているのですね。遠くの見え方を落とさないで、老眼も治療して近くも同時に見えやすく出来るのだそうです。

既にレーシックをしている場合でも老眼が回復できるので、直ぐに老眼が始まりそうだからと諦める必要はないのです。

まだこれからの人も、既に老眼が始まっている方も、治療するという選択肢を検討してみるのもよさそうですね。

こちらサイトでも詳しく紹介されていますが、
>>老眼が始まる年代でもレーシックは出来るようです

現在、主流となっている治療法

本当の意味で遠近両用のレーシック治療が行われるようになってから、あまり時間は経っていないのですが、技術の進歩は眼を見張るものがあり、クリニックによって施術できる方法地も違いが出ているようです。

日本国内で既に実績も多く出てきている最新の治療方法としては次の方法が主流となっているようです。

アキュアフォーカス
近視は通常のレーシック治療を行い、老眼には専用のレンズを角膜に入れる治療法で、両方を別けて行うことも可能となっています。老眼用のレンズは後で取り外すこともでき安心感もあり、既に多くの症例実績があります。最新の治療方法となるアキュアフォーカス(レーシックカムラ)遠くの見え方をあまり下げることなく、近くを見えやすくします。主に利き目ではない方の目を近くを見ることに使用しているのですが、その利き目でない方の角膜にコンタクトレンズよりも小さな黒いリングを挿入して近くがよく見えるようにするものです。角膜に入れるカメラインレーは、直径で3.8ミリ、厚さが5ミクロンの黒いリングのようなものです。真ん中の小さな穴から見ることでピンホール効果で近くのものが見えるようになります。(KAMRAは米国アキュフォーカス社の登録商標です)
アキュアフォーカスとレーシックを組み合わせることで近くも遠くも見えるようになる主流となっている画期的な老眼の治療方法でレーシックカムラとも言われているようです。

少し気になる点としては、術数ヶ月間は見え方が暗いと感じる方がいることです。小さな穴を通して見るために光の入り方が少し減ることが原因のようですが、ほとんどの人は時間とともになれるとは言われています。

スープラコア
本当の意味での遠近両方に対応したレーシック治療となります。既にヨーロッパなどでは安全性が認められている方法で日本でも治療が開始されています。ただし、最新のレーザー装置や高い技術が必要とされるため、施術できる医院は限られています。そのため治療に不安があるようなクリニックでは対応していないので、逆に安心かもしれません。
最新の老眼治療となるスープラコア(SUPRACOR)は、2011年5月にEC加盟国における安全基準を満たしたことで安全性も証明されまたしたが、日本では錦糸眼科で治療が受けられます。

他の老眼治療の多くは片目に施されるものですが、スープラコアなら両方の目で近くも遠くも見ることが出来るようになります。
老眼が進んでくると、メガネやコンタクトで近視を矯正しても近くが見えにくくなります。これは、レーシックのレーザー治療でも同様です。しかし、スープラコアは、エキシマレーザーを用いいて角膜を遠近両用コンタクトのような形状に変化させることで、近くも見えるように出来るのだそうです。遠くもよく見えるし、パソコンや新聞を見るときでも老眼鏡が必要なくなれば嬉しいですね。

遠近両用の白内障手術
白内障の手術は危険も高く元の視力は戻らないものと思っていたのですが、そのようなことは無いのだそうです。既に多くの方が手術をされているそうで、厚生労働省および米国FDA(食品医薬品局)にも認可されています。安全性も高く日本国内でも多くの実績がある白内障手術ですが、一般的な眼科で行われる治療は、遠くだけがよく見える単焦点眼内レンズを使ったものとなります。

遠くが良く見えるようになるだけでも画期的だとは思うのですが、近くを見る時には老眼鏡が必要となります。しかし、最先端の白内障手術では、遠近両用眼内レンズを用いることで近くも遠くも両方見える様になっているのですね。この多焦点眼内レンズも厚生労働省に認可されていますので、安心して遠近両用の白内障手術が受けられます。

Add-On(アドオン)レンズ
既に白内障の手術を受けた方が、老眼鏡の利用頻度を減らすのに向いている方法です。白内障手術で挿入した眼内レンズの上に多焦点レンズを更に1枚追加する目の負担も少ない安全な治療方法とのことです。近視、乱視、遠視、老眼などが残ってしまったあ場合にも眼内レンズを入れ替えること無く、リスクを軽減した短時間の手術での治療です。

メスもレーザーも使わない老眼治療CK
老眼になると老眼鏡を使ったり遠近両用のメガネを使用するのが当たり前でしたが、最近では近視のレーシック治療と同じように老眼も矯正することが可能になって来ました。治療方法として、比較的歴史もあり広く行われているのが、伝導性角膜形成術(老眼治療CK)です。
メスを入れることなく、レーザーで角膜を削ることもなく、ラジオ波を利用する安全性の高い治療法と言われています。日本の厚生労働省にあたる米国FDA(米国食品医薬品局)から認可を受けている唯一の老眼治療方法で、2002年から実施されており世界で10万件以上の症例数があるそうです。

角膜の外側にジオ波(高周波)当てることで角膜のコラーゲン組織を収縮させて近くを見えやすくするもので、老眼鏡なしで新聞が読める程度までの回復が期待され、一般的には治療を行うのは、利き目ではない方の片目のみととのことです。

老眼治療は対応しているクリニックがまだ少ないことが一番の問題かもしれません。逆に中途半端な信頼性の低い医院では施術できないので、病院選びで困ることは無いかもしれませんね。

ご自分の眼の状態、年齢、生活スタイルなどで適した治療方法は変わってきますので、先ずは専門のクリニックで簡易検査を受けて相談されることをお勧めします。