最新のレーシック手術で老眼矯正

老眼なんてまだ随分と先のことだと思っていました。

多くの場合は40代に入ると自覚はなくても、老眼の進行は始まっているのだそうです。

私の場合は40代中頃から老眼の症状が少し出てきましたが、今では小さな文字は見えないし、暗いところだと雑誌も読みにくい状態です。もともと、近視もひどくて、眼鏡なしでは、生活できないくらいで、数年前からは、遠近両用のメガネにお世話になっています。

遠近両用のコンタクトレンズも出てきているのですが、まだ2Weekタイプが主流で値段も倍位するのだそうです。見や安さもあまりハッキリとは見えないよと言われて諦めました。

長年メガネをするのを当たり前の生活をしてきましたが、やはりメガネのない生活に憧れます。目の疲れからくる頭痛や肩こりが軽減されるでしょうし、裸眼でものがはっきり見えるようになりたいです。

周りでもレーシックする人が随分と増えてきたのですが、既に老眼が始まっている私には手遅れなのかと諦めていました。

しかし、技術の進歩は凄いですね!
老眼でも近視治療のレーシック手術が受けられるようになって、遠近両方の視力回復が可能になっているのだそうです。

まだ、新しい技術で常に進化しているようですが、既に多く方がレーシック手術で近視を治療し、同時に老眼も回復させているのですね。遠くの見え方を落とさないで、老眼も治療して近くも同時に見えやすく出来るのだそうです。

既にレーシックをしている場合でも老眼が回復できるので、直ぐに老眼が始まりそうだからと諦める必要はないのです。

まだこれからの人も、既に老眼が始まっている方も、治療するという選択肢を検討してみるのもよさそうですね。

現在、主流となっている治療法

本当の意味で遠近両用のレーシック治療が行われるようになってから、あまり時間は経っていないのですが、技術の進歩は眼を見張るものがあり、クリニックによって施術できる方法地も違いが出ているようです。

日本国内で既に実績も多く出てきている最新の治療方法としては次の2つが主流となっているようです。

アキュアフォーカス
近視は通常のレーシック治療を行い、老眼には専用のレンズを角膜に入れる治療法で、両方を別けて行うことも可能となっています。老眼用のレンズは後で取り外すこともでき安心感もあり、既に多くの症例実績があります。

スープラコア
本当の意味での遠近両方に対応したレーシック治療となります。既にヨーロッパなどでは安全性が認められている方法で日本でも治療が開始されています。ただし、最新のレーザー装置や高い技術が必要とされるため、施術できる医院は限られています。そのため治療に不安があるようなクリニックでは対応していないので、逆に安心かもしれません。

老眼治療は対応しているクリニックがまだ少ないことが一番の問題かもしれません。逆に中途半端な信頼性の低い医院では施術できないので、病院選びで困ることは無いかもしれませんね。

ご自分の眼の状態、年齢、生活スタイルなどで適した治療方法は変わってきますので、先ずは専門のクリニックで簡易検査を受けて相談されることをお勧めします。